紙カルテからCLIUSへ移行。
iPadで 所見がすらすら描けるので便利です

医療法人 いわもと耳鼻咽喉科医院
岩元 正広 医師
  • 耳鼻咽喉科
導入時期
導入の背景
紙カルテからの移行
1日多い時で180名前後の患者さんを診察する耳鼻咽喉科医院。めまいを中心に耳鼻咽喉科疾患を診察しており、お子様のいるご家庭や仕事前の会社員などさまざまな年齢層が来院している。
導入前の課題
  • ・カルテの保管・運用を効率化したい
  • ・事務員の作業負担を減らしたい
導入後の効果
  • ・カルテの出し入れがなくなり、保管スペースが軽減できた
  • ・CLIUSとORCAの連携により、カルテからORCAへの転記が不要になった

1年ほどかけて カルテメーカーを厳選しました

電子カルテCLIUS導入のきっかけを教えてください

2018年から通山事務長が当院に来てくれたことと、何年後かに息子がこのクリニックで働くことを見越して、電子化を検討していました。事務長にリサーチや基本設計をお願いして、2019年の春頃から各カルテメーカーに資料請求してもらいました。


もともと、これからの時代はクラウドが必要だと感じていたので、ネット経由でクラウド型電子カルテを調べてから、CLIUSも含めた5社程度をピックアップし、デモをお願いしました。
その中から、機能はもちろんのこと、コストやサポート面を見て3社に絞り込み、各社からいただいた提案書を比較してCLIUSにしました。

CLIUSのどんな点に魅力を感じましたか?

最大のポイントはサポート面でした。
クラウド型電子カルテをいくつか見た所、どこも診療に必要な機能は備わっていましたが、CLIUSはさらに、自社でカルテを全て開発していることと、開発とSI(システム インテグレーション)のサポートスタッフが直結していることに大きな魅力を感じました。機能の強化や、何かあったときの対応がスピーディーにできるだろうという期待を持っていましたね。

また、CLIUSは容量制限等で料金が変わらない点も良いと感じました。
ORCAと連動できる他のカルテもいくつか見ましたが、カルテのデータが一定の容量を超えると課金されるものもありました。その点CLIUSはデータの制限もなく月額費用で自由に使えるのでコストパフォーマンスも優れていると感じました。

CLIUS導入前にはどのような課題がありましたか?

もともと当院は紙カルテだったので、カルテを保管する場所もとりますし、カルテを出し入れする工数もかかっていました。
この点は電子カルテに移行したことで効率化につながったので、非常に理想的な改善ができたように思えます。

また、紙カルテでの運用時は、ドクターが書いた内容を事務がORCAに書き写す必要がありましたが、CLIUSを導入したことで、カルテに記載した情報がORCAに自動で出力されるようになりました。転記がなくなり、確認作業だけで済むようになったのは事務員の負担軽減という面からもよかったですね。

180名前後の患者さんの診察には
iPadで手書きできるシェーマ機能が必要不可欠です

業務に役立っている機能は何ですか?

データのやりとりが楽になったところです。CLIUSはWindowsでも使用できますが、当院はMacを使っています。Macの機能を、カルテ起動時もストレスなく享受できることに満足しています。
特に、耳鼻科は所見等を絵で描いた方が早いので、カルテの横にiPadでサイドカーを走らせて(Macで開いているカルテをiPadでも写し、操作できる)シェーマを記載できる点は非常に便利です。CLIUSのスタッフさんに教えてもらってからフル活用しています!

また、当院の診察上、必要なシェーマも新たにカルテに追加してくださったのでありがたかったですね。


導入時に不安だった点はどこですか?

ちょうどコロナ禍の時期だったので、遠隔導入が不安でした。いくらクラウドサービスとはいえ、通常であれば現地に張り付いて作業してもらえるかと思いますが、当時は県をまたいだ外出が難しく、訪問によるリスクも多いと感じてフルリモートを試みました。

結局はリモートのみで導入できたのですが、事務長は孤軍奮闘していましたね。

紙カルテからのデータ移行はどのように行いましたか?

全てのデータを完全に移行することは難しいと思っていましたし、費用的にも現実的ではありません。
当院では、事務長が地道に紙の資料をiPadで読み込み、AirDropでカルテPCにデータを飛ばしてCLIUSに登録する作業を約1カ月間行いました。
毎日100枚以上のカルテを登録していたので、作業自体決して楽ではなかったはずですが、スキャンするよりも圧倒的に早かったですね。

カルテ操作にはどの程度で慣れましたか?

操作はカルテ画面を見れば直感的に分かるので、日々使うことで慣れた印象です。運用面は、トレーニングをCLIUSさんからリモートでやっていただいて、その後も2回ほどテストを行いおおよそ会得できたかと思います。

CLIUSには非常に期待しています

当社のサポート体制はいかがですか?

開発とサポートが直結している点はとても安心感があります。導入時には、複数人のスタッフさんたちにもとてもお世話になりました。

日常的な問い合わせの場合は、電話が繋がらないこともありましたね。やはりカルテの問い合わせは瞬時に解決したいので、回線など増やしていただきたいと思います。
土曜も対応していただいておりますので、サポートの受け付け時間等の不満はありません。
(※CLIUSでは、ご利用いただくクリニックさまが非常に増えております。サポート体制を拡充するための仕組みを、改めて構築しております。)

CLIUSに対して期待している点は?

非常に期待してます。期待してるから、色々と要望の連絡をしてしまいます。
処方の入力方法などすでにご相談していることはあるので、それがどのように改善されるのか楽しみですね。

CLIUSさんは導入数も増えてきて、私がお伝えしていること以外にも新たな改善点が出てきていると思います。ただ、裏を返せば、そこを一つひとつクリアにすることで、さらにCLIUSが使いやすく、そして評判ももっと上がると思います。
実際にCLIUSに触れてみる

他の記事を見る

  • 東京都Sクリニック S医師
    東京都Sクリニック

    S医師

    • 内科
    • 外科
    • 循環器科
    • 消化器科

    書類作成、処方の入力もスムーズ  転記作業が楽になりました

    もっと見る
  • 笹塚駅前こたろ形成皮ふ科クリニック 吉武 光太郎 医師
    笹塚駅前こたろ形成皮ふ科クリニック

    吉武 光太郎 医師

    • 形成外科
    • 皮膚科
    • 美容外科
    • 美容皮膚科

    CLIUSに決めた最大の理由はデータ移行の柔軟性です

    もっと見る
  • 街のクリニック 日野・八王子/街のクリニック 立川・村山/びやじま内科医院・大島駅前 鎌形 博展 医師
    街のクリニック 日野・八王子/街のクリニック 立川・村山/びやじま内科医院・大島駅前

    鎌形 博展 医師

    • 内科
    • 呼吸器内科
    • 糖尿病内科

    CLIUSは診察のため“だけ”のツールではない。日々の経営状況の把握にも重宝しています

    もっと見る

かんたん登録でCLIUS(クリアス)をお試し