クリニックを「すぐに辞める人」と「長続きする人」の違いとは?|元・主任看護師が教える見分け方

働き方が多様化し、長く同じ会社に務めることが当たり前ではなくなりました。

それは医療業界にも言えることで、同じ病院だけではなく、今の自分に合った職場を求めて転職をする人が増えています。

クリニックを経営するうえで、優秀な人材を求めるのも大事なことですが、スタッフの入れ替わりが頻繁だと、患者さんからも「クリニック側に何か問題があるのでは……?」と悪く思われる可能性もあります。

「長く務めてくれる人」を採用することも【集患・増患】につながる重要なポイントとなるでしょう。

そこで看護師採用面接を担当していた私の経験をもとに、「すぐにやめる人」と「長続きする人」の違いをお伝えします。あくまで経験側として一つの参考になれば幸いです。

目次
  1. すぐやめる人の共通点
    1. 笑顔がない(仕方なく面接にきたという雰囲気がある)
    2. 話を聞いていない
    3. 自分のキャリアに(過剰に)自信を持っている人
    4. 転職回数が多い
    5. 体力が続かない人
  2. 長続きする人の共通点
    1. 相手の意図をくみ取った対応ができる
    2. 転職回数が少ない
    3. 病院の理念に共感してくれる人
    4. 会話のキャッチボールができる
    5. やる気がある
  3. 長く働ける人材を確保するためにも

すぐやめる人の共通点

まずは、「すぐに辞めてしまう人」に共通する特徴をご紹介します。

笑顔がない(仕方なく面接にきたという雰囲気がある)

「緊張しているのかな」「控えめなタイプかな」と思っていたら、深い悩みや不安を抱えていることがあります。個の対応の人は、欠勤がちであったり、出勤しても何だかうわの空だったりすることが多かったです。

だんだんと注意を受けることも多くなってきて、しまいには居づらくなって退職してしまう……というパターンですね。

面接は誰でもある程度は緊張するものだと思いますし、ヘラヘラ笑っている人はまずいません。

しかし、あいさつやアイスブレイクとしての声かけにも全く笑顔を見せず、表情が暗い人は注意が必要です。診療の際にも、患者様にもあまりいい影響を与えないでしょう。

話を聞いていない

面接の際に、「自分が聞きたいこと」を熱心に質問してくれる。

面接する側からすると、前向きな姿勢に好感を持つことでしょう。しかし場合によっては、質問するばかりでこちらの話はきちんと聞いていないことがあります。

このタイプの人は、何か面倒なことがあったりすると「そんなの聞いてない」と辞めてしまうパターンが多かったですね。

面接時に院内を歩いて案内するなど、机上を離れるとわかることが多いのですが、人の説明を聞かずに、キョロキョロとほかの所を見ている人などは要注意です。

面接時や募集をかける時には、クリニックの理念や方針、求めている人材を「これでもか」というほどにきちんと説明しておいた方がいいかもしれません。

自分のキャリアに(過剰に)自信を持っている人

自分のキャリアに自信があることはとてもいいことです。クリニックのような人の少ない職場環境では、多くのスキルを持っている人は重宝されるでしょう。

でも、そのキャリアに過剰なまでの自信を持っていると、逆効果として現れることも珍しくありません。

大学病院など大きな病院に勤めていた人に多いパターンですが、「こんなの大学ではありえない」「ここではスキルアップできない」と辞めてしまう人がいました。

大学病院と比べればクリニックは人員も、物品も揃えがいいとは言えないこともあるでしょう。時には看護師が受付をしたり、トイレ掃除をすることだってあります。

こうしたケースを防ぐためにも、面接時には、自分の今までのキャリアをクリニックではどういった形で発揮していってくれるのか確認しておきましょう。

大学病院とクリニックでは病院としての役割が違うことや、クリニックの理念のほかに看護師として、一スタッフとして求めていることを明確にして伝えておくことも大切です。

転職回数が多い

転職回数の多い人は、あきらめること・やめることに慣れているのか、少しでも嫌なことがあると簡単にやめてしまいがちでした。

とはいえ、何も転職回数が多い=雇わないほうがいい、というわけではないのです。

中には「転職はこれで最後にしたい」「新しい自分になりたい」と思っている人もいるでしょうし、新しい職場にたまたま趣味の合う仲間もでき、人間関係で仕事が長続きしたというパターンもあります。

そういった面でいうと一概には言えませんが、転職の理由は、面接時に明らかにしておくことが無難でしょう。

「新しい分野に挑戦することが好き」という気質を持っていて、転職回数が増えている場合もあります。その好奇心にうまく乗り、クリニックで新しいことに挑戦することがあれば、頼ってやってみるのもいいかもしれません。

体力が続かない人

クリニックは、病床をかかえている病院に比べて夜勤がないので、一見「ハードワークではない」と思われがちです。

ですが、少ないスタッフで回すわけですから、1人がかかえる業務はたくさんあります。「これ以上は夜勤さんにお願いしよう」なんてこともできません。1人が欠勤すれば、その日は大激務で休憩もままならないなんてこともありました。

そんな業務状況の中、クリニックへの転職希望で少なくないのが「業務による体への負担を減らしたい」という人です。なかには、病院勤務で忙しく体調を崩し、療養後間もない人やまだ治療中だという人もいました。

面接時は原則、既往歴や持病の有無の申告義務はありません。ですが「業務内容で配慮する面はありますか」など体調面で不安はないか確認はするようにしましょう。

「精一杯、頑張ります」と言っていても体が資本ですから、どのくらい仕事を任せられるか、ほかのスタッフとのバランスなど、よく検討する必要があります。

長続きする人の共通点

続いて、ながつづきする人の共通点を見ていきましょう。

相手の意図をくみ取った対応ができる

緊張する面接の場面ですが、笑顔は必要です。緊張しているのは面接官も同じですので、仏頂面で固く話されるより、時には笑顔で話してくれるほうが場はなごみます。

立場は違えど、相手の気持ちやその場の空気をしっかりと酌んで話ができる人は、チームワークが上手にとれる人でしょう。

みんなからも好かれますし、患者さんにとっても好印象で長く働くことができる人です。

転職回数が少ない

結婚や出産、転居などライフイベントの影響のほかに、転職が少ない人は長く続くと思います。

同じ職場に長くいるということは、置かれた立場で自分の役割を見つけられたり、与えられた仕事をきちんと全うできる人でしょう。

また人間関係のトラブルも少なかったり、仕事ができて大事な人材ならやめてほしくないと職場が引き留めていた可能性もありますね。

将来像をきちんと考え転職した人は長続きしますし、仕事に対する責任感や心構えもきちんとしています。

病院の理念に共感してくれる人

面接時にクリニックの方針・理念を伝えると思いますが、この時の反応をよく見ましょう。

「いいですね」「私も目指したいです」などいい反応があった人は長く続きます。ビジョンがしっかりしていればスタッフの行動が同じ方向に向かいますので、病院運営も安定するでしょう。

筆者は20年近く同じクリニックに勤務していた経験がありますが、その理由はやはり、院長の掲げる理念に共感できたからです。

業務が山積みで残業が多く、早番がつらいなどやめたいと思うこともありました。でも「こんなクリニックを目指したい」という軸がはっきりしていて、院長がリーダーとして引っ張ってくれたので、続ける事ができたと考えています。

この記事を読んでくださっている院長先生にはぜひ、そのような先生になっていただきたいと思います。

会話のキャッチボールができる

「趣味はありますか」など少しなごみのある質問にきちんと答えてくれる人は、いい人間関係を築きやすく、長く務める傾向にあります。

逆に警戒心を強く持っていたり、自分のことを語りたがらない人は、人間関係がうまく作れずに、辞めていってしまうこともあります。

面接で緊張する場面ではありますが、切り替えがうまくできる人は、患者さんともうまくコミュニケーションがはかれると思います。

やる気がある

面接時にメモをとっていたり、仕事内容についてもっと詳しく聞きたいなど前向きな質問をしっかりしてくる人はやはりやる気が感じられますね。働こうという意志が伝わってくる人は長続きするでしょう。

働く意味は人それぞれですが、職場では働く意思、やる気は絶対条件です。

忘れ物をしたり、面接の時間に余裕を持ってこなかったりなど、やる気が感じられなければ、長続きは見込めません。

長く働ける人材を確保するためにも

「すぐやめる人」が多くいるとスタッフが定着せず、人事採用に時間をとられます。

職場に常に新人がいることは、業務をしながら新人教育をしなくてはいけませんので多忙となり、「長く務めてくれる人」に負担になってしまいます。患者様も必要以上に待たせたり、ミスをしてしまうなど迷惑をかけてしまいます。

採用面接は見るべきポイントをしっかりもって臨むようにしましょう。人事労務についてのお悩みは、以下のコンサルタントでも相談に乗ってもらえます。よろしければぜひご参考にして下さい。

医療業界の人材不足を徹底サポート。即戦力人材をご紹介

特徴

<医療事務派遣に自信あり> 求人のご依頼から最短で翌日にご紹介いたします。ニーズのヒアリング~ご紹介まで複数の選任担当で対応いたしますので、他社よりもスピーディーなご紹介が可能です。 経験豊富でスキルのある即戦力人材を多数輩出しています。 <完全成功報酬> 就業開始まで費用は一切かかりません。正社員・パート・派遣などご希望の雇用条件で優秀な人材をご紹介いたします。

その他特徴

接遇・マナー研修 医療クラック研修

対応業務

採用支援 求人支援 人材派遣 人材紹介 求人広告 短期派遣 ヘッドハンティング 研修指導 リモートサービス

提供人材

正社員 契約社員 派遣社員 看護師 研修講師派遣 リモート医事サービス

タイプ

エージェント型 フリーペーパー 登録型

診療科目

全て
人事・労務・総務をサポートし法令遵守業務効率化、コスト削減のご提案!

特徴

当法人はNTS総合コンサルティンググループに所属し、つながる全てに「ありがとう」を の理念のもと、他法人では難しい課題も解決につなげてまいります。 法令遵守、業務効率化、コスト削減を可能とする総合アウトソーシングのご提案をさせていた だき、本業に専念できる環境をお約束致します。

対応業務

住民税関連手続き 人事労務相談 社会保険 手続き代行 就業規則策定 給与規定策定・見直し 助成金 人事制度の策定 退職金 メンタルヘルス 個別労働関係紛争の解決 年金相談 創業サポート

診療科目

全て
診療や経営に専念できる環境づくり、労務管理のプロとして経営を徹底サポート

特徴

わたしたちはドクターの皆様の声に耳を傾け、人に関する法律のスペシャリストとして 「職員の労働トラブルに関するアドバイス」、「院内ルール作成」等を得意とする社会保険労務士事務所です。 人事労務に関する相談サポートにより、診療や経営に専念して頂く事が可能です。 診療所特有の人事労務相談は専門家でなければ適切なアドバイスはできません。弊社はこれまでの実績により的確なアドバイスを行い、労務管理をサポートします。

対応業務

住民税関連手続き 人事労務相談 社会保険 手続き代行 就業規則策定 給与規定策定・見直し 助成金 人事制度の策定 退職金 メンタルヘルス 個別労働関係紛争の解決 年金相談 創業サポート M&A

診療科目

全て

山野 成子

執筆 医療ライター | 山野 成子

2児の母。看護師として20年以上、総合病院、透析クリニック、保育園、通所介護施設などを経験する。
主任看護師として人事採用・新人教育を担当した経験を活かし、現在は医療者向けの記事を執筆するライターとして活動中。  


他の関連記事はこちら