大学病院講師の年齢は何歳くらい?講師になるのは難しい?

大学病院を舞台にした小説やドラマは数多く存在するため、そこで働く人たちの人間関係や出世街道にまで興味を抱いている人は多いかもしれません。中には、医者らの年齢と役職に着目する人もいるでしょう。そこで今回は、大学病院で働く人のさまざまの役職の中から、講師にスポットを当ててご紹介。だいたい何歳くらいで講師になれるのかなど、気になる疑問を紐解いていきましょう。

目次
  1. 大学病院における出世の階段はどうなっている?
  2. 大学の出世コースを外れた場合どうなるの?
    1. 1つめの分かれ道
    2. 2つめの分かれ道
    3. 3つめの分かれ道
  3. 大学病院の講師はどんなことをする?
  4. 講師になれば自分主体で業務できるようになるためやりがいを実感しやすい

大学病院における出世の階段はどうなっている?

まず、大学病院で働く医師のキャリアについてざっくりと説明します。

医師を目指す学生たちは、6年間にわたって医学部で学んだ後、医師国家試験に合格したら、いよいよ研修医生活をスタートさせることになります。5年~7年に及ぶ研修医期間のうち、最初の2年間は初期研修期間。さまざまな診療科をローテーションしながら医師としての土台を築いていきます。2年間の初期研修を終えたら、「医局」に入局して後期研修をスタートさせることができます。

「医局」とは、大学病院の教授が受け持っている講座や、診療科に属している医師のグループおよび人事組織のこと。医局をピラミッドに例えると、最底辺にいるのが研修医で、それぞれの医局には、多いところで20人以上の研修医がいます。研修医は、入局後、無事に後期研修を終えて博士号を取得したら「助教」に昇格します。

そして、「助教」の次のクラスに該当するのが本題となる「講師」。一般企業で例えると“課長”のような立ち位置で、各医局内では1~3人の講師が医局内グループを束ねる役割を果たしています。講師になる年齢は人によって異なりますが30代半ばから40歳くらい。講師の次は「准教授」「教授」「病院長」と続きますが、准教授以降は原則ひとつの医局に対してひとりであるため、狭き門となっています。

大学の出世コースを外れた場合どうなるの?

医局内がピラミッド構造で上にいくほど数が減るということは、次のキャリアに進まなかった人はどうしているのでしょうか?

1つめの分かれ道

まず、研修期間を終えた段階で医局に入局せず、一般病院で働き始める人がいます。研究よりも臨床をやりたいと考える理由は人それぞれですが、ひとつの理由としては、年収が医局勤めと比べて倍以上ということが挙げられるでしょう。

2つめの分かれ道

大学病院の勤務医として働き始めた後、講師にはならずに、大学を離れて関連病院に出向することがあります。出向した場合、医局勤めと比べて年収が倍以上になることがあります。

3つめの分かれ道

医局に入局後、開業医として独立する医師が出てきます。開業するタイミングは人それぞれですが、おおむね40歳前後で独立する人が多いようです。

3つの分かれ道を見てわかるのは、出向にしろ開業にしろ、大学病院から離れる道を選んだ方が、少なくとも一時的には年収が高くなる可能性が高いということです。しかし、十分でない給与を補うためにアルバイトをすることは可能ですし、役職につくまでは年収が低くても、その先で出世して大きく道が開ける可能性もあります。

大学病院の講師はどんなことをする?

話を本題に戻します。前述の通り、医局に入局した研修医のうち何割かは、30代半ばから40歳くらいでキャリアを「講師」へと進む道を選択するわけですが、そもそも講師とはどんな仕事をするのでしょうか? 

講師もひとりの医師であることに変わりはないので、他の医師同様、診察をはじめとする業務をおこないますが、それに加えて、医療の世界を目指す学生たちに対して授業することが大切な業務です。なぜなら、大学病院は文化省直轄の病院であり、学校施設でもあるからです。

講師になれば自分主体で業務できるようになるためやりがいを実感しやすい

医局に入った直後は序列の最下層にいるため、キャリアを重ねている人を羨ましく思うこともあるかもしれません。実際、助教まではアシスタント的な仕事が中心になるため、やりがいを感じづらい場合もあるでしょう。しかし、講師からは自分主体で業務をおこなうことができるようになるため、仕事にもハリが出てくる可能性大。努力次第では30代のうちに講師になることも可能とわかったら、若いうちからしっかりと準備しておこうと思えそうですね!

クリニック開業から医業経営・資金調達計画・償還計画・事業承継までワンストップでサポート提供

特徴

医業経営業務・医業経営に精通した経験豊富な専門スタッフがクリニック開業から医業経営、医療法人設立、事業承継、財産承継までワンストップでご支援。 ドクターにとって、かけがえのない「オンリーワンパートナー」として、手厚いサポートを実践いたします。

対応業務

会社設立 助成金対応 月次面談・監査 経理代行 記帳代行 税務相談・申告 相続税・資産税 融資・資金調達 給与計算 年末調整 社会保険 人事・労務手続き 資金繰り相談 経営計画・経営指導 経営コンサルティング 事業計画 節税対策 M&A 事業継承 財務分析

その他特徴

医療業界に強い

診療科目

全て
医療に関するコンサルティングサポート!経験豊富で確かな知識のあるスタッフ在籍!

特徴

○ 医療コンサルティングのノウハウがあります  医療コンサルタントをお探しでしたら、これまでにも多くの方からご相談をいただいてきた実績があり、一人ひとりのお悩みに寄り添った丁寧な対応で信頼がある当社までお問い合わせください。常に事業者様の目線に立った対応を心掛けている当社では、まず皆様からのご相談をしっかりと承り、最適なサポートをいたします。 経験豊富で確かな知識のあるスタッフが在籍している当社は、直接ご来店される必要はなく、電話やメールでお気軽にお問い合わせいただけますので、医療コンサルティングへのご相談をお考えでしたら、お気軽にご連絡ください。 < サービスメニュー > 1.事業者様の開業支援 2.病院の経営改善をサポート 3.医療機器販売 4.メディカルツーリズムによる医療機関をコーディネート

対応業務

開業コンセプト決め 開業予定地調査 物件選定サポート 事業計画書作成 金融機関との交渉 設計・工事業者選定サポート 医療機器導入サポート 現場工事打合せ参加 その他広報戦略サポート 保健所・厚生局届け出サポート 職員研修サポート 経営改善コンサルティング 開業後のマーケティングサポート 移転・建て替えサポート 医療法人化サポート

診療科目

全て

クリニック開業ナビ

執筆 コラム配信 | クリニック開業ナビ

「クリニック開業ナビ」では、クリニック開業時、業者選びに役立つ情報や、資金調達、物件選定や集患対策といった多岐にわたる開業プロセスをコラム記事として提供いたします。


他の関連記事はこちら