クリニックの医療機器は新品でも中古でもいい?

クリニック開業時には、診療に必要な医療機器を用意しなくてはなりません。必要な医療機器は診療科や診療方針によって異なりますが、複数の医療機器を用意しなければならないとなると金銭的にも大変です。そこで検討したいのが、新品ではなく中古を導入すること。しかし、実際のところ中古医療機器で開業することに問題はないのでしょうか? 早速みていきましょう。

目次
  1. 医療機器とは?
  2. リスクが高い医療機器の販売には許可が必要
  3. 「中古医療機器」は具体的にはどれくらい古いの?
  4. 5年落ち、6年落ちの中古を選ぶとどれくらい節約できる?
  5. 中古でも問題が起きにくい機器、中古だと問題が起きやすい機器とは?
    1. 中古でも問題が起きにくい機器
      1. 超音波診断装置、内視鏡システム、眼科機器などの画像診断系機器
      2. 婦人科診察台、手術台など
    2. 中古だと問題が起きやすい機器
      1. 血液に触れる医療機器
      2. 手術で使用する医療機器
      3. 整形外科のローラーベッド
  6. 中古を選ぶことで損したり納期が遅くなったりすることも

医療機器とは?

「医療機器」と聞くとレントゲンやMRI、CTなど大型のものをイメージする人がほとんどかと思われますが、医療機器には大小さまざまなものがあります。小物類であれば、メスやピンセット、体温計などが該当しますし、ペースメーカーや人工透析器、補聴器、心電計なども法律上は医療機器に分類されます。また、「医療機器規制国際整合化会合」によって、人体へのリスクが小さい順にクラスIからクラスIVまでの4つに分けられており、薬事法上は、クラスI=一般医療機器、クラスII=管理医療機器、クラスIIIおよびクラスIV=高度管理医療機器となります。

リスクが高い医療機器の販売には許可が必要

医療機器の「製造・販売業」に携わる業者は、クラスI~IVの区分ごとに届け出、認証、承認を得ることが必要とされており、「販売・貸与業」に携わる業者は、クラスII以上に関しては届け出や販売許可が必要です。届け出先などはクラスによって異なりますが、実際のところ、無許可で販売しているサイトなどは多数存在します。無許可で販売している業者は、時間やお金をかけて医療機器を管理していないため、不具合が起きる可能性が高くなります。そうなったとき、購入した側にも道義的な生人を負うことになるだけでなく、社会的信頼を失うことにもなりかねないので、まずは、新品であろうと中古であろうと、販売許可を得ている業者から購入することが大事だということを肝に銘じてください。

「中古医療機器」は具体的にはどれくらい古いの?

では、販売許可を得ている業者からの購入ならどんな医療機器でも安心なのでしょうか? その点を考えるにあたってまず気になるのが、「どのくらい古いのか」ということでしょう。中古医療機器市場に出回っている医療機器の多くは、5年から6年落ちの商品だと言われています。なぜかというと、新品購入時に5年のリース契約を結ぶ医療施設が多いためです。ただし、最近はリース契約という選択肢を選ぶ医療施設が少なくなっているので、中古医療機器市場は慢性的品不足にあるとも言われています。

5年落ち、6年落ちの中古を選ぶとどれくらい節約できる?

医療機器は、一般的に、発売から5年経過すると新品の半額程度にまで値が落ちると言われています。「5年しか使っていないのに1,000万円のものが500万円になっているなら安い」と感じるか、「5年も使っているから当たり前」と感じるかはドクターによって異なりますし、「当たり前」と感じても、資金面の事情から中古を選ぶドクターもいるでしょう。

中古でも問題が起きにくい機器、中古だと問題が起きやすい機器とは?

節約のために、いくつかそろえなければ医療機器のうち一部を中古でまかなうというのもよい選択です。では、どの医療機器を中古にしてどの医療機器を新品にするのが賢い選択なのかというと、まずは「中古でも問題が起きにくいかどうか」という視点から考えてみるといいでしょう。具体的には、おおまかに以下のように分類することができます。

中古でも問題が起きにくい機器

超音波診断装置、内視鏡システム、眼科機器などの画像診断系機器

これらの機器は長年使用しても劣化が少ないため、新品と比べて品質的にそん色ないと言えるでしょう。

婦人科診察台、手術台など

耐久性が高い医療機器のため、5年程度で使用に問題が出る可能性は低いでしょう。

そのほか、新品価格が高額な回診用X線撮影装置なども、中古を選ぶメリットが大きいでしょう。

中古だと問題が起きやすい機器

血液に触れる医療機器

機器内を清潔に保つことが難しく、故障しやすいため新品を選ぶほうが賢明です。

手術で使用する医療機器

人命に直結することがあるため、万が一のときを考えてリスクは最小限に抑えるべきです。

整形外科のローラーベッド

使用頻度が高ければ、見た目的にも劣化が目立つ場合があります。

中古を選ぶことで損したり納期が遅くなったりすることも

先に伝えた通り、中古医療機器市場は慢性的な品不足状態です。そのため、希望する医療機器が出回っていない場合は出るまで待たなければならない場合もあります。また、必要に応じて、売買契約後にメーカーの点検・修理を受ける必要があるため、納期まで時間がかかることもあれば、修理費用がかかることでかえってコストが高くなることもあります。そうした可能性があることをしっかり理解したうえで、後々後悔することのないよう販売先を決めてくださいね。

医療現場を見続けてきた日本光電だからできるご支援があります。 お役に立つこと、それが私たちの願い 。

特徴

日本光電は、医療の現場を60年以上にわたり見つづけてまいりました。これまで培ったノウハウをもとに、日本光電にしかできない、医院開業のお手伝いをいたします。ご開業をご検討の方は、お気軽に日本光電にご相談ください。医業経営コンサルタント(公益社団法人日本医業経営コンサルタント協会認定登録)をはじめとした専門スタッフが、ご開業を力強くサポートします。

対応業務

開業コンセプト決め 開業予定地調査 物件選定サポート 事業計画書作成 金融機関との交渉 設計・工事業者選定サポート 医療機器導入サポート 現場工事打合せ参加 ホームページ制作サポート その他広報戦略サポート 保健所・厚生局届け出サポート 職員研修サポート 経営改善コンサルティング 開業後のマーケティングサポート 移転・建て替えサポート 医療法人化サポート 在宅導入指導・支援

その他の業務

ホームページ制作 ホームページ運用 レセプト指導 経理・税務顧問 事務代行 営業サポート 経営分析 継承案件紹介 病院経営コンサルティング 診療所経営コンサルティング 増患・集患対策 収益改善 業務改善 組織改善 人事労務 求人支援

診療科目

内科、精神科、神経科、神経内科、呼吸器科、消化器科、、循環器科、小児科、外科、整形外科、形成外科、美容外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管科、小児外科、皮膚泌尿器科、皮膚科、泌尿器科、性病科、肛門科、産婦人科、産科、婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、気管食道科、放射線科、麻酔科、心療内科、アレルギー科、リウマチ科、リハビリテーション科、、、、
ご開業時の医療機器のコストダウンをご提案致します

特徴

1.各社最新医療機器の取扱い  画像系医療機器を中心に小型機器から大型機器まで広くご提案をいたします。 2.中古医療機器の販売  施設の事情に合わせて中古機器をご提案致します。特に開業時には、新品・中古の特性を丁寧にご説明し、  コストダウンを図ります。 3.医療機器の買取り  開業後も医療機器買取時期に合わせて計画的な機器入替をご提案いたします。

医療機器種別

MRI・CT X線TV・一般X線 X線防護関連 DR.CR 超音波診断装置(カラー) 超音波診断装置(白黒) 内視鏡機器 眼科機器 耳鼻科機器 産婦人科機器 物理療法機器 生理機能検査機器 モニター機器 心電計 骨密度測定機器 美容機器 その他

医療機器製品クラス

一般医療機器(クラスⅠ) 管理医療機器(クラスⅡ) 高度管理医療機器(クラスⅢ) 高度管理医療機器(クラスⅣ)

区分

新品 中古

診療科目

内科、精神科、神経科、神経内科、呼吸器科、消化器科、、循環器科、小児科、外科、整形外科、形成外科、美容外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管科、小児外科、皮膚泌尿器科、皮膚科、泌尿器科、性病科、肛門科、産婦人科、産科、婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、気管食道科、放射線科、麻酔科、心療内科、アレルギー科、リウマチ科、リハビリテーション科、、、、
医療に関わるスペシャリストとして医療業界の発展に貢献します。

特徴

1.多種多様に渡る取扱い医療機器  治療用・施設用機器、画像診断機器、光学機器、人工臓器関連機器、生体情報関連機器、理学療法機器、検査用機器、医療材料など、様々な特性をもつ医療機器・材料を、医師、医療従事者の方々や、製造メーカーとの密接なコミュニケーションのもと、医療現場の「声」に応える情報やサービスと共に、迅速・的確にお届けする努力をしております。 2.専門領域へのプロフェッショナルサポート  医師、医療従事者の方々が、日々進歩する科学技術によって製品化される新しい医療機器を、安心・安全に医療現場でご使用いただくには、幅広く的確な情報の提供や支援が必要となります。  当社では、それらのニーズにお応えするため、循環器内科・心臓血管外科・整形外科・脳神経外科・血液浄化など、それぞれの診療科目の専門担当がお客様をサポートいたします。 3.充実した拠点網によるきめ細やかな営業体制  全国に営業拠点を設け、お客様からのニーズに迅速で的確な対応ができる体制を整えております。また、アジアをはじめとして、グローバルに活動拠点を広げております。 4.医業経営のトータルサポート 医師が独立開業されるにあたり施設の開設へ向けたサポート、開業後の日々の経営支援、事業が拡大した際はSPD構築・運営サポートなど、お客様のニーズに合わせて最良のビジネスパートナーとしてトータルサポートします。

区分

新品

医療機器製品クラス

一般医療機器(クラスⅠ) 管理医療機器(クラスⅡ) 高度管理医療機器(クラスⅢ)

医療機器種別

MRI・CT X線TV・一般X線 X線防護関連 DR.CR 超音波診断装置(カラー) 超音波診断装置(白黒) 内視鏡機器 眼科機器 耳鼻科機器 産婦人科機器 物理療法機器 生理機能検査機器 モニター機器 心電計 骨密度測定機器 美容機器 その他

診療科目

内科、精神科、神経科、神経内科、呼吸器科、消化器科、、循環器科、小児科、外科、整形外科、形成外科、美容外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管科、小児外科、皮膚泌尿器科、皮膚科、泌尿器科、性病科、肛門科、産婦人科、産科、婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、気管食道科、放射線科、麻酔科、心療内科、アレルギー科、リウマチ科、リハビリテーション科、、、、
コンサルタント有資格者と地域の医療情報に通じた地域開業アドバイザーが2人1組となり医師をサポート

特徴

ご開業準備は多岐にわたり、先生方のブレーンの一人として、医業理念立案から開業場所選定に伴う各種マーケット調査、資金調達に不可欠な事業計画、導入システムや医療機器・什器とその院内レイアウト、広告・求人・各種届出等々、スケジュール管理による開業準備をトータルサポートさせて頂きます。まずはお気軽にご相談ください。

対応業務

開業コンセプト決め 開業予定地調査 物件選定サポート 事業計画書作成 金融機関との交渉 医療機器導入サポート 現場工事打合せ参加 ホームページ制作サポート 保健所・厚生局届け出サポート 開業後のマーケティングサポート 移転・建て替えサポート 分院展開

その他の業務

継承案件紹介 病院経営コンサルティング 診療所経営コンサルティング 増患・集患対策 業務改善

診療科目

内科、精神科、神経科、神経内科、呼吸器科、消化器科、、循環器科、小児科、外科、整形外科、形成外科、美容外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管科、小児外科、皮膚泌尿器科、皮膚科、泌尿器科、性病科、肛門科、産婦人科、産科、婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、気管食道科、放射線科、麻酔科、心療内科、アレルギー科、リウマチ科、リハビリテーション科、、、、

クリニック開業ナビ

執筆 コラム配信 | クリニック開業ナビ

「クリニック開業ナビ」では、クリニック開業時、業者選びに役立つ情報や、資金調達、物件選定や集患対策といった多岐にわたる開業プロセスをコラム記事として提供いたします。


他の関連記事はこちら