クリニックを自動ドア化、どのくらいの費用が必要?

クリニックを承継する場合は、建物もそのまま利用することがほとんどです。場合によってはバリアフリー対策などで手を加える必要があり、例えば出入口が自動ドアでない場合は、自動ドア化する必要があります。では、クリニックの出入口を自動ドアにする場合は、どのようなプロセスで、どれくらいの費用が必要になるのでしょうか? 自動ドアの導入業務を行っている『日本自動ドア株式会社』に聞いてみました。

目次
  1. 自動ドア導入のプロセスは?
  2. 既存の建物を自動ドア化する際の注意点
    1. 1. 開き戸
    2. 2. スペース不足
  3. 自動ドアにするコストは?

自動ドア導入のプロセスは?

クリニック(既存の建物)の出入口を自動ドアにしたい場合、まずは感染症対策、バリアフリー、利便性といった設置理由のヒアリングを行います。その上で施工工程の確認となります。例えば、

  • 既存出入口サッシ枠・ドア・周辺確認
  • 装置添え付け下地スペースと強度の確認
  • 既存ドアの状態を確認
  • 安全領域の確認(センサーエリア・光線対向位置)
  • などのほか、お客様の要望を確認し、工事へと移ります。

自動ドア導入までの日数は、既存のドアを流用するタイプなら最短1週間。ドアを新規で製作する必要がある場合は、アルミドアで2週間程度(ステンレスドアの場合は1カ月)かかります。コンクリート工事やドア枠までの工事が必要な場合は、3~4週間(1~1.5カ月)です。自動ドアの設置工事自体は、基本的に1日で完了します。

既存の建物を自動ドア化する際の注意点

一般的に、既存の出入口に自動ドアを取り付ける工事は一筋縄ではいかない場合がほとんどです。

安全性の確保はもちろんのこと、出入口ドアはそれぞれ固有のくせ、経年劣化具合、既存仕様(システム・環境)との連携などを考慮する必要があります。現場ごとに取り組まなければいけない課題が異なるため、一律の作業で済まないからです。

その中で「自動ドア化しやすい例」としては、既存出入口が「引き戸収まり」で、ドア上部(無目・鴨居)に、駆動装置の設置スペース(軽量:100ミリ、中量:150ミリ)が確保できる場合が挙げられます。加えて、出入口両枠に補助光線の設置ができる収まりがあるといいですね。

反対に「自動ドア化が難しい例」としては以下の2例が挙げられます。

1. 開き戸

開き戸をそのまま自動ドアにするのは、突然開いてぶつかったり、指を挟んだりする危険があるためお勧めしていません。開き戸の自動ドアは、安全領域を広範囲で設定しない限り安全性の担保が十分にできないため、自動ドア化が難しくなります。解決策としては、開き戸を撤去し、新たに引き戸サッシ枠を取り付けて自動ドア化することになります。

2. スペース不足

自動ドアにするには、既存ドア上部(無目・鴨居)に、駆動装置の設置スペース(軽量:100ミリ 、中量:150ミリ)が必要です。このスペースが設けられない場合は、自動ドア化が難しくなります。この場合も既存サッシ枠を撤去し、新たに引き戸サッシ枠を取り付けて自動ドア化することになります。

自動ドアにするコストは?

先述のように、コストは現場ごとに異なります。例えば、既存の手動ドアやドア枠を利用して自動化する場合と、サッシ枠やドアを新規製作する場合とでは、費用は大きく変わります。あくまで一例ですが、「自動ドア装置+サッシ枠・ドア」の場合は、47.5万~300万円(片引き積算金額)という費用が必要です。

また、自動ドアを設置する際は、バリアフリー・キッズ保護のほか、感染症対策や防犯対策といった点も考慮しないといけません。バリアフリー・キッズ保護では、車椅子スペース確保、JADガードスクリーン(防護柵)の設置も考慮しましょう。また、感染症対策の面では、手かざしセンサー、自動ドア換気システム、衛生管理システム(アルコール消毒器連動)。防犯面ではテンキーやカードリーダー(解錠システム)も自動ドア化の際には考えておく必要があります。

クリニックを承継する場合は、譲渡条件や価格だけでなく、建物の出入口にも注目するようにしましょう。もし自動ドアではない建物を承継する場合は、今回紹介したプロセスや価格、また導入しやすい形状などを参考に、開業までのプランを練るといいでしょう。

取材協力:日本自動ドア株式会社

人に伝えたくなる医療福祉施設創り 口コミで広げたい居心地の良い空間作りのプロフェッショナル

特徴

・来院された方が家族やお知り合いに話したくなるクリニック創り ・ドクターやスタッフがより良い医療を提供できる働きやすいクリニック創り ・オリジナリティーあふれるクリニック創り ・災害に強く、安心・居心地の良いクリニック創り ・自社の作品に固執せず現状に満足しないこと

職種

設計事務所

依頼内容

店舗設計 店舗デザイン 内装施工 インテリアコーディネート

建築内容

診療所

診療科目

全て
クリニックの内装の設計・施工を自社で行い、コンサル業務と連携し無駄をなくしたクリニック創り

特徴

・小規模開業  小規模な開業を成功させるノウハウのある処が、他社との違いです。小規模なテナントで開業したり、初期費用やランニングコストを抑えて借り入れを少なくするなどして、無理のない資金計画をご提案します。 ・女性医師の開業  近年は女性医師の開業支援に力を入れ、開業実績の半数以上が女医さんです。特に、子育て中の女性医師など、勤務時間に制約がある先生のサポートも多く行っております。ご自身のライフスタイルにあった開業を実現するための、無理のない開業スタイルをご提案します。現在、無料開業相談(オンライン相談)を実施しておりますので、お気軽にご相談下さい。

職種

設計事務所

依頼内容

建築設計 デザイン 工事 消防手続き 行政手続き 店舗設計 店舗デザイン 内装施工

建築内容

一般住宅 一軒家 大型店舗 商用ビル 小型店舗 ショップ 事務所 オフィスビル 診療所 歯科医院

診療科目

全て

クリニック開業ナビ

執筆 コラム配信 | クリニック開業ナビ

「クリニック開業ナビ」では、クリニック開業時、業者選びに役立つ情報や、資金調達、物件選定や集患対策といった多岐にわたる開業プロセスをコラム記事として提供いたします。


他の関連記事はこちら