医局えらびのポイント3選!

今回は、医局選びのポイントについて解説していきます。

目次
  1. 医局とは?
  2. 研修医期間の終わりに医局に入局するか決める
  3. 入局後は関連病院に勤務する
  4. 1.医局のエリアの広さ
  5. 関連病院を確認する
  6. 関連病院の距離が遠いと大変
  7. 2.医局の人数
  8. 医局員の適正な人数は?
  9. お互いが認知できる人数は150人程度
  10. 医局員が少ないと大変
  11. 同期は多いほうがよい
  12. 3.医局に医学生からの知り合いがいる
  13. 医学部6年間のつながりは大切
  14. 医局の中に部活動の先輩がいると良い

医局とは?

医局の明確な定義はありません。一般的には、各大学の各科ごとの医者集団のことを示します。どこの大学のどこの科に属するかで、自分が所属する医局が決まります。

研修医期間の終わりに医局に入局するか決める

現在の研修医制度になる前までは、大学の卒業時に医局に入局しました。そのため、学生中に自分の専攻科と一緒に入局する医局を決めていました。

現在は、研修医2年間が終了して、自分の専攻科を決めるタイミングで、医局に入局するか決めます。筆者の地域では、8割近い研修医がどこかの医局に入局をします。一方で、2割くらいの研修医は、医局に属さずに働くことを選びます。

入局後は関連病院に勤務する

医局が医師を派遣している病院を「関連病院」といいます。医局のある大学病院を中心に、1?2年程度を目安に関連病院を転々としながら勤務していきます。いろんな病院で勤務医を経験することで、医者としてのレベルを上げていきます。

今回は、医局選びのポイントについて解説していきます。

1.医局のエリアの広さ

関連病院を確認する

入局を決定する前に、その関連病院がどこにあるのか確認をしておきましょう。医局の中には、かなり広範囲に関連病院がある医局もあります。地方医局であっても、その管轄する県が広ければ、100km以上離れた病院への転勤を指示されることがあります。

また、都内の有名病院の医局であると、全国に関連病院があります。北は北海道から、南は九州まで、全国に散らばって関連病院があります。そうすると、日本全国に転勤をする可能性がでてきます。

関連病院の距離が遠いと大変

独り身のときは実感することはあまりないかもしれませんが、関連病院の距離が遠いと、働く上では大変です。家庭、家族ができると、移動や通勤距離が重要になっていきます。子どもが学校に通うようになれば、容易に転居もできなくなります。ある勤務医の話では、別の県への転勤を指示される可能性があるので、家を買うのを控えているようです。地方で働く場合は、関連病院が100km以内に集約されていると、働き安いと考えます。

2.医局の人数

医局員の適正な人数は?

医局に属する医者のことを「医局員」と呼びます。医局員の数がそのまま、その医局のパワーとなります。それでは、医局員の適正な人数ってあるのでしょうか? もちろん、医局員が多ければ、とてもパワーのある医局になります。しかし、人が多くなりすぎると、同じ医局中の人でも顔も知らない先生が多くなります。

お互いが認知できる人数は150人程度

ひとつのコミュニティーで、人が認知できる人数はある程度決まっています。100人から150人程度です。これ以上人数が増えると、お互いの素性が分からなくなります。筆者の所属する医局の医局員数は100人前後です。実感として、100人前後の医局なら、お互いのことが見えるので、適切な人数と考えます。

医局員が少ないと大変

一方で、20~30人位の医局員の医局であると、人手が少ないため仕事が大変になりがちです。関連病院数も限られてくるので、通勤距離は短く済むかもしれませんが、人手を埋めるために、望まない勤務先で長年勤める可能性もあります。

同期は多いほうがよい

同期入局者はたくさんいるほうがいいです。困ったときにお互い頼りやすいのが、同期の医師です。医療業務の内容だけではなく、急なアルバイトの代役を頼んだりするのもしやすくなります。入局する医局が決まったならば、研修医仲間を積極的に勧誘すると良いでしょう。

3.医局に医学生からの知り合いがいる

医学部6年間のつながりは大切

医学部教育は6年間と長いです。その間に、医学のことを学ぶだけではなく、部活動や文化祭といった活動を通して、将来に役立つ関係を作っていきます。医者になってからも、医学生のうちに得た交流はとても重宝します。

医局の中に部活動の先輩がいると良い

入局を考えている医局に、部活動の先輩がいればとても心強いです。気の知れた先輩であれば、入局前に相談するのもよいでしょう。入局後も、腹を割ったような相談もしやすくなります。

結局は、医局選びで最も大切なことは、「人」であるということです。

Mac・Windows・iPadで自由に操作、マニュア ルいらずで最短クリック数で診療効率アップ

特徴

1.使いやすさを追求したUI・UX ・ゲーム事業で培って来た視認性・操作性を追求したシンプルな画面設計 ・必要な情報のみ瞬時に呼び出すことが出来るため、診療中のストレスを軽減 2.診療中の工数削減 ・AIによる自動学習機能、セット作成機能、クイック登録機能等 ・カルテ入力時間の大幅削減による患者様と向き合う時間を増加 3.予約機能・グループ医院管理機能による経営サポート ・電子カルテ内の予約システムとの連動、グループ医院管理機能を活用することにより経営サポート実現 ・さらにオンライン診療の搭載による効率的・効果的な診療体制実現

対象規模

無床クリニック向け 在宅向け

オプション機能

オンライン診療 予約システム モバイル端末 タブレット対応 WEB予約

提供形態

サービス クラウド SaaS 分離型

診療科目

全て

医師YouTuberいっさ

執筆 整形外科専門医 医学博士 | 医師YouTuberいっさ

2019年8月よりYouTuberとして活動を開始した。YouTubeでは、医者のかたわら、動画配信600本以上を達成。既に1,000人以上の登録者がある。「医者のキャリア形成」を中心に、医療にまつわる話を配信している。


他の関連記事はこちら