オンライン診療を円滑にするために、表情や身振りに関して気を付けるべきことは?

コロナ禍を経て浸透しつつあるオンライン診療は、今後ますます重要性が高まることが予想されます。まだ導入していないクリニックのなかには、「オンライン診療でどこまできちんとした診療ができるか不安」という理由で躊躇しているクリニックもあるのではないでしょうか。そこで今回は、オンライン診療の精度を上げる表情や身振りについて解説していきます。

目次
  1. オンライン診療の現状は?
  2. 改めて確認したい「診療のポイント」
  3. 理想的な診療とは?
  4. オンライン診療のポイントは、「表情や身振りは対面診療より大きく、はっきりと」
  5. ターゲット層が聴き取りやすい速度を意識する
  6. オンライン診療時はドクターも患者もマスクなしが望ましい
  7. 表情が出やすい目元まで意識しよう
  8. ジェスチャーはシンプルにわかりやすく
  9. 患者の表情や身振りに関してチェックすべきポイントは?
    1. 発熱の申告があれば舌を見せてもらう
    2. 顔色が悪いときは瞼の裏を見せてもらう
    3. 息づかいが荒いときは首筋を見せてもらう
  10. 診療中にも体調が悪化していく様子が見られたら救急車などの対応も必要
  11. オンライン診療でできることは今後ますます増えてくることが予想される
  12. オンライン診療機能を備えた電子カルテも増えつつある

オンライン診療の現状は?

まずはオンライン診療の現状について説明します。

コロナがきっかけで浸透が加速したオンライン診療ですが、現状、オンライン診療の導入がもっとも進んでいるのは、ピルを処方している婦人科や、増毛剤を処方している美容内科、美容皮膚科などです。そのため、「そもそも最低限のやりとりができたら問題なし」というところが多いでしょう。ただし、今後はその限りではなく、「足が悪くて来院が困難」「介護中で子どもをクリニックまで連れて行けない」など、少子高齢化にともないさまざまなニーズが出てくることが考えられるので、新たな可能性が考えられます。

改めて確認したい「診療のポイント」

続いて、オンライン診療における問診について考える前に、診療のポイントそのものを改めて考えてみましょう。

昨今は、電子カルテの普及に伴い、画面の入力に一生懸命で患者のほうをしっかりと向いて話すことが疎かになっているドクターも増えています。「まずは患者の話を書き留めてから相手のほうを向くから大丈夫」と考えているドクターもいるかもしれませんが、それでは場合によっては重要な情報を見落とすことがあります。

たとえば、「最近どうも夜になると具合が悪くなって……」と話している患者が、無意識のうちにそのときに痛むところを触っていることもあるかもしれません。また、気になる生活習慣について聞き返した際、患者が「お医者さんに怒られるかもしれない」と真実を隠したとして、相手の顔色を見ていれば一瞬の顔色の変化を見逃さないことも考えられます。

患者が話すときの症状や仕草にはさまざまなヒントが隠されています。そのことを今一度思い出して、診察の基本へと立ち返ってみましょう。

理想的な診療とは?

続いては、診療における理想的な姿勢や、患者との向き合い方についてみていきましょう。

オンライン診療のポイントは、「表情や身振りは対面診療より大きく、はっきりと」

基本的な診療の姿勢を確認したところで、続いてはオンライン診療との違いも考えていきます。

オンライン診療においてもっとも意識すべきことは、表情や身振りをいつもより大きくすることです。「日ごろから患者にちゃんと伝わるようにはっきり、ゆっくり喋っているから問題ない」と思うドクターもいるかもしれませんが、それだと十分に伝わらない場合があります。なぜなら、患者はスマホやタブレットを通して診察を受けていますが、端末によっては画面が小さいこともあれば、音声が小さく聞き取りにくいこともあるからです。いつもの診察とどのくらい伝わり方が異なるかは、スタッフなどを相手に一度実験してみるとわかりやすいかもしれません。

ターゲット層が聴き取りやすい速度を意識する

ご高齢の患者に対しては「ゆっくり、はっきり」を意識することが大切です。一方、ZOOMやGoogle meetなどを使用することが日常的な若い世代が相手であれば、基本的には通常のスピードで問題ありません。ただし、電波状況などによっては音声が途切れがちなこともあるので、患者がドクターの言葉を聴き取れなかったときに「もう一度言ってもらえますか?」と聴き返しやすいよう、話しやすい雰囲気を心がけましょう。

オンライン診療時はドクターも患者もマスクなしが望ましい

前述の通り、小さな画面越しに意思疎通することが必要なオンライン診療においては、身振り手振りを大袈裟にするくらいがベストです。口の動きに関してもそうで、どんなふうに動いているかがお互い見えたほうが、言いたいことが伝わりやすいです。そのため、マスクは外していることが望ましいといえるでしょう。

表情が出やすい目元まで意識しよう

口元同様、目元にも意識を行き渡らせることが大切。患者の不安な気持ちを払拭できるよう、真摯に話を聴いたり語り掛けたりする際、瞳の表情まで意識することを習慣づけましょう。

ジェスチャーはシンプルにわかりやすく

身振り手振りを大きくすることは大切ですが、何を意味している動きであるのか相手が理解できなければまるで意味がありません。基本的なことでいうと、「朝昼晩の3回の食後に服用してください」と言いながら指を3本画面の前に出していたら「3回」だということがしっかりと頭に刻み込まれやすいですが、「3回服用してください」と言いながら画面の前に出した3本指が画面に垂直だったら、相手側からは薬指しか見えないため意図が伝わっていない可能性があります。

患者の表情や身振りに関してチェックすべきポイントは?

続いては、ドクター側が表情や身振りに関して気を付けるべきことから離れて、患者の表情や身振りに関して注視すべきポイントをみていきましょう。

発熱の申告があれば舌を見せてもらう

患者から発熱の自己申告があったときは必ず舌を見せてもらいましょう。舌を診ることで脱水症状があるかどうかがわかるたけでなく、点滴や入院の必要性もわかります。

顔色が悪いときは瞼の裏を見せてもらう

患者の顔色がいつもより悪いように思えるときは、瞼結膜を確認させてもらうことで、貧血かどうかを見極めましょう。

息づかいが荒いときは首筋を見せてもらう

話しているときに息づかいが荒くしんどそうに見えたら、首筋を診ます。頚静脈に怒張が見られたら、心不全の可能性があります。肺炎も疑われる場合なども、迅速に対処することが必要です。

診療中にも体調が悪化していく様子が見られたら救急車などの対応も必要

具体的な診断はつかずとも、オンライン診療中にも目に見えて体調が悪くなっているようであれば、救急車を手配することなども必要です。もしくは、家族がいてすぐに自院まで連れてきてもらえるようなら、すぐに応急処置の準備を進めることがベストな場合もあります。一刻を争う場合が100%ないとは限らないですし、オンライン診療の普及が進むにつれてますます、さまざまな症状の患者をオンラインで診療する可能性が出てくるはずです。

オンライン診療でできることは今後ますます増えてくることが予想される

今年4月には、スマートフォンを介して患者の呼吸音を取得できる医療機器プログラムを開発した株式会社MICINが、同プログラムの承認申請を医薬品医療機器総合機構におこなったことが発表されています。申請が認められてオンライン診療で活用されるようになれば、オンライン診療でできることがますます増えていきます。当然、これまで以上にニーズも高まってくることが予想されるので、オンライン診療をまだ導入していないクリニックは、ぜひ導入を検討してみてくださいね。

⇒参照:株式会社MICIN
「MICINとして初となる、医療機器プログラムの申請承認を提出 ~オンライン診療での呼吸音の活用を目指す~」

MICINとして初となる、医療機器プログラムの承認申請を提出 ~ オンライン診療での呼吸音の活用を目指す~

オンライン診療機能を備えた電子カルテも増えつつある

今後オンライン診療を導入していきたいと考えているなら、オンライン診療の機能を有した電子カルテへの切り替えを検討することもおすすめです。「curon」(株式会社MICIN)「CLINICS」(株式会社メドレー)「CLIUS」(株式会社Donuts)など、オンライン診療機能以外も充実している電子カルテが多いので、気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。

参照:curon

参照:CLINICS

参照:CLIUS

Mac・Windows・iPadで自由に操作、マニュア ルいらずで最短クリック数で診療効率アップ

特徴

1.使いやすさを追求したUI・UX ・ゲーム事業で培って来た視認性・操作性を追求したシンプルな画面設計 ・必要な情報のみ瞬時に呼び出すことが出来るため、診療中のストレスを軽減 2.診療中の工数削減 ・AIによる自動学習機能、セット作成機能、クイック登録機能等 ・カルテ入力時間の大幅削減による患者様と向き合う時間を増加 3.予約機能・グループ医院管理機能による経営サポート ・電子カルテ内の予約システムとの連動、グループ医院管理機能を活用することにより経営サポート実現 ・さらにオンライン診療の搭載による効率的・効果的な診療体制実現

対象規模

無床クリニック向け 在宅向け

オプション機能

オンライン診療 予約システム モバイル端末 タブレット対応 WEB予約

提供形態

サービス クラウド SaaS 分離型

診療科目

全て
予約、事前問診、ビデオチャットでの診察、決済、薬・処方箋の配送をワンストップで完結することが可能に

特徴

CLINICSオンライン診療は、2016年にいち早くリリースし、医療機関の導入実績NO.1。(※) 院内のオペレーションなど、実施におけるノウハウやサポートも充実、セキュリティについてもISMSクラウドセキュリティ認証を取得した安心のシステムです。 予約、事前問診、ビデオチャットでの診察、決済、薬・処方箋の配送をワンストップで完結することが可能です。※「2020年 医療ITのシームレス化・クラウド化と医療ビッグデータビジネスの将来展望 No.1 医療IT・医療情報プラットフォーム編」(富士経済、2020年1月7日発刊)

オンライン診療機能

診療予約 ビデオチャット受信 クレジットカード決済 診察時間設定

システム提携

電子カルテ

診療科目

全て

クリニック開業ナビ

執筆 コラム配信 | クリニック開業ナビ

「クリニック開業ナビ」では、クリニック開業時、業者選びに役立つ情報や、資金調達、物件選定や集患対策といった多岐にわたる開業プロセスをコラム記事として提供いたします。


他の関連記事はこちら