クリニック開業を成功させる税理士選びは?

クリニック開業時には、税理士や社労士などの専門家の力を借りることが有効。必要な業務をドクターがひとりでこなすこともできなくはありませんが、一から調べてやろうとすると膨大な時間がかかってしまいます。また、専門知識が必要になるのは開業時のみではなく、開業医としてクリニックを経営している限り、さまざまな手続きが必要となることがあるので、頼りになる専門家がいるほど心強いことはありません。そこで今回は、開業医にとって頼れるサポーターとなりうる税理士の見極め方を中心にお伝えします。

目次
  1. 税理士にはどんな仕事を任せられる?
  2. 税理士はクリニックにとってもっとも必要な専門家
  3. 税理士には得意分野がある
  4. 税理士を選ぶ際のチェックポイントは?
    1. 医療機関での税務経験の有無
    2. 集患・増患対策なども一緒に考えてくれるかどうか
    3. ドクターのライフプラン設計をサポートしてくれるかどうか
    4. 節税・税務調査対策が万全かどうか
    5. 行政書士、社労士との連携がスムーズかどうか
  5. 頼りになる税理士の見つけ方は?
    1. ドクターの先輩など医療業界者から紹介してもらう
    2. コンサルタントに紹介してもらう
    3. 税理士紹介サービスを利用する
  6. 人柄や相性もしっかりチェックしたい!

税理士にはどんな仕事を任せられる?

まずは、税理士の仕事を説明します。

税理士の主な仕事は、税務代理および税務調査が入る際の立ち合い、税務署の更生・決定に不服がある際に第人として申し立てすることや、税務書類の作成、税務相談です。

その他、会計帳簿の記帳代行、コンサルティング、アドバイザリー業務なども請け負ってもらえます。

クリニックで税理士と顧問契約を結んだ場合、税務会計全般を委託するのが基本となります。

税理士はクリニックにとってもっとも必要な専門家

冒頭で説明した通り、さまざまな分野の専門家の力を借りると開業がスムーズになります。そのなかでももっとも頼りになるのが税理士とされています。理由は、資金政策をはじめ、経営とお金は切り離して考えることができないから。そのため、開業時だけでなく、その後も継続的に、税務のみならず日々のお金の管理も任せられる税理士がいれば、資金繰りに関して改善したほうがいいことなどもアドバイスしてもらえるため、経営が軌道に乗りやすいといえます。

税理士には得意分野がある

税理士は、それぞれ自分が得意な分野を極めています。たとえば、節税に関する知識が長けている人や、相続を手伝った経験が豊富な人など、得意な分野によってこれまで手掛けてきた案件も異なるので、税理士事務所のホームページなどを元に、自院にとって有益な情報を豊富に有している人かどうかをチェックすることも大切です。

税理士を選ぶ際のチェックポイントは?

続いては、クリニックの仕事を安心して任せられる税理士の選び方のポイントをみていきましょう。

医療機関での税務経験の有無

税務報告書の作成は税理士であれば誰でもできますが、医療機関の顧問経験がない税理士の場合、保険診療に関わる医療業界特有の考え方などに関する知識が不足しています。そのため、医療機関での経験に長けている税理士であるに越したことはありません。

また、現在進行形で医療機関と多数の顧問契約を結んでいる税理士であれば、他院の業績などに関しても聞くことができるため、自院経営の参考になります。

集患・増患対策なども一緒に考えてくれるかどうか

医療機関での経験が豊富であれば、それぞれのクリニックが何にお金をかけてきたかも把握しているため、集患・増患対策にも精通している可能性が高いと考えられます。広告出稿などを含め、自院にとって役立つことをアドバイスしてくれる税理士なら、顧問契約を結ぶことが一石二鳥にもなり得ます。

ドクターのライフプラン設計をサポートしてくれるかどうか

クリニックのことはもちろん、ドクター自身のことについても相談に乗ってくれる税理士なら、一生涯付き合っていきたい、信頼できるパートナーとなり得ます。クリニックの経営とドクターのライスプランは切っても切り離せないものなので、まとめて面倒をみてくれることは理にかなっているとも言えます。

節税・税務調査対策が万全かどうか

節税・税務調査対策は税理士の本分。税務調査が入ったときにどのような対策を取ってもらえるのかは必ず事前に確認しておくべきです。

行政書士、社労士との連携がスムーズかどうか

医療法人の設立時を視野に入れているなら、行政書士および社労士との連携がスムーズであることもポイントのひとつです。なぜかというと、医療法人設立の手続きには行政書士資格が必要で、設立後の社会保険加入手続きは社労士に依頼することが望ましいため、それぞれが連携してくれることが理想的だからです。

頼りになる税理士の見つけ方は?

続いては、頼りになる税理士の見つけ方をみていきましょう。

ドクターの先輩など医療業界者から紹介してもらう

前述の通り、医療機関からの信頼が厚い税理士は、同時に複数の医療機関の顧問を務めています。先輩や同世代のドクターがいい税理士とつながっているなら、紹介してもらうのが得策です。

コンサルタントに紹介してもらう

地元に戻って開業したなどの理由で同じエリアに知り合いのドクターがいないなら、コンサルタントに紹介してもらうといいでしょう。

税理士紹介サービスを利用する

税理士紹介サービスの利用もひとつの選択肢。条件に合う優秀な税理士を多くそろえているため、ミスマッチも起きにくいでしょう。

人柄や相性もしっかりチェックしたい!

実績や経験がある税理士であれば100%安心かというとそんなことはありません。態度が横柄だったり、知識が古かったりということもありえますし、“人対人”である以上、「気が合わない」ということもありえます。そのため、信頼できる人からの紹介であったとしても、まずは一度顔を合わせて話を聴くことで、安心して顧問を任せられる人材であるのかどうかを見極めるようにしてくださいね。

今回はクリニックの経営をサポートする士業の方々を紹介しました。それぞれ専門分野は違いますし、お願いするかどうかは先生方の業務の余裕やリスク、予算との相談になるかと思いますが、私が確実に必要だと感じたのは税理士さんでした。税務はもちろん日々のお金の管理、資金政策など「経営」と「お金」は切り離せません。医療に詳しい(医療機関の顧問先を複数持っている)税理士さんが1人いるだけで、クリニック経営をする際に心強いと思います。

他の士業よりも優先度高そうなのでその旨入れたいです。

今回はクリニックの経営をサポートする士業の方々を紹介しました。それぞれ専門分野は違いますし、お願いするかどうかは先生方の業務の余裕やリスク、予算との相談になるかと思いますが、私が確実に必要だと感じたのは税理士さんでした。税務はもちろん日々のお金の管理、資金政策など「経営」と「お金」は切り離せません。医療に詳しい(医療機関の顧問先を複数持っている)税理士さんが1人いるだけで、クリニック経営をする際に心強いと思います。

クリニック開業から医業経営・資金調達計画・償還計画・事業承継までワンストップでサポート提供

特徴

医業経営業務・医業経営に精通した経験豊富な専門スタッフがクリニック開業から医業経営、医療法人設立、事業承継、財産承継までワンストップでご支援。 ドクターにとって、かけがえのない「オンリーワンパートナー」として、手厚いサポートを実践いたします。

対応業務

会社設立 助成金対応 月次面談・監査 経理代行 記帳代行 税務相談・申告 相続税・資産税 融資・資金調達 給与計算 年末調整 社会保険 人事・労務手続き 資金繰り相談 経営計画・経営指導 経営コンサルティング 事業計画 節税対策 M&A 事業継承 財務分析

その他特徴

医療業界に強い

診療科目

全て
医療に特化し、関与実績370件以上!開業支援、経営コンサルなど医療・介護のスペシャリスト集団にすべてお任せ!

特徴

まずは弊社のページをご覧頂きまして、ありがとうございます。 当社は開業時より医業に特化し、以来370件以上の診療所・病院・薬局・医療関連企業の実績を積み上げて参りました。また、「自利利他」の経営理念のもと、お客様を想う気持ちはどこにも負けない自信があります。ぜひご相談ください。親身に、誠実にご対応致します。

対応業務

会社設立 助成金対応 月次面談・監査 経理代行 記帳代行 税務相談・申告 相続税・資産税 融資・資金調達 給与計算 年末調整 社会保険 人事・労務手続き 電子申告 資金繰り相談 経営計画・経営指導 経営コンサルティング 事業計画 節税対策 M&A 事業継承 財務分析

その他特徴

医療業界に強い

診療科目

全て

クリニック開業ナビ

執筆 コラム配信 | クリニック開業ナビ

「クリニック開業ナビ」では、クリニック開業時、業者選びに役立つ情報や、資金調達、物件選定や集患対策といった多岐にわたる開業プロセスをコラム記事として提供いたします。


他の関連記事はこちら