AGAクリニックのマーケティングに必要なことは?

AGAクリニックのニーズは年々高まっているので、現状でも、一昔前より多くのAGAクリニックが開業していますが、今後はさらに数が増えてくることが予想されます。

そうなると、いくらニーズがあるといっても、患者に選ばれることなしには成功しません。そこで今回は、競合から抜きんでた存在になるためにはどんなことをすればいいのかを解説していきます。

AGAクリニックの患者層は?

まずは、AGAクリニックの患者層の特徴をみていきましょう。

「薄毛治療の必要がある」というと、以前は、「男性のみなのでは?」と考える人も多かったかもしれませんが、最近では、女性も増えています。

あるクリニックは、来院する患者の男女比はおよそ1:1で、20~60代まで幅広い年代の患者が来院していること、来院人数は年々増えていることをホームページなどで公表していますが、女性の薄毛をテーマとしたインターネット記事などが増えてきていることもその一因といえるでしょう。

参考: 医療法人青青会 三愛クリニックHP

また、最近では、薄毛に見える芸能人のまとめページなども数多く存在しますが、実際のところ薄毛といえるほどではない豊かな毛量であっても、「おでこの生え際が目立つ」「分け目の地肌が見える」「トップがぺたんとしている」などの理由でピックアップされている芸能人も多く、そうした記事を目にした人が、「このレベルでも薄毛なら自分は確実に薄毛治療が必要だ」と思うことも多いかもしれません。

そのため、女性をターゲットとしたAGAクリニックや、男女両方をターゲットとするAGAクリニックも増えてきています。

まずは自院の強みや特長を考えることが大切

潜在患者の性別や年齢が絞られていない状況で、自院の患者となってくれる人を獲得しにいくためには、自院の強みや特長をアピールする必要があります。どんなことをアピールすると患者から選ばれやすくなるかというと、たとえば以下のようなポイントがあげられます。

治療を続けやすい金額である

薄毛治療は、すぐには結果が出ないケースも多いものです。半年以上、1年以上かかってようやく結果が出てくる患者もたくさんいます。そのため、患者としては「月にいくらなら続けられるか」をまず考える必要があり、続けるのが難しい金額だと判断すれば、他院に流れてしまいます。

そのため、月々の支払いの負担が大きくないことをアピールすることで、まずは患者から興味を抱いてもらいやすくなるでしょう。

また、男性型脱毛症に効果があるとされる飲み薬は、基本的にずっと飲み続ける必要があります。服用を辞めると再度薄毛が進行してしまう可能性が高いことから、「薄毛をなんとかしたい」と考えている患者が服用を途中で辞めることはほとんどありません。

しかし、飲んでさえいれば毛量を保つことができるとなれば、「どのクリニックで処方してもらっても同じなのだから、ちょっとでも安いところに切り替えよう」という発想になって当然です。

そのため、処方をメインとするのであれば、オンライン診療のみのクリニックにして、人件費などを抑えるなどの工夫が必要になってくるでしょう。

オンライン診療を行っている、オンライン診療のみである

オンライン診療を行っていることや、オンライン診療のみであることも大きなアピールポイントとなり得ます。前述の通り、オンライン診療のみにすれば費用を抑えられることから、患者の負担を小さくすることもできますし、患者からすると、「他の患者と顔を合わさずに済む」というのは大きなメリットだからです。

そのため、オンラインで診療を受けて処方している場合、そのことを大々的に発信することが望ましいと言えます。

保険診療も行っているクリニックである

AGA専門クリニックは保険適用外の薄毛治療のみしか行っていませんが、保険診療を行う一般的なクリニックが、自由診療メニューとしてAGAの治療を行っているケースがあります。こうしたクリニックであれば、患者は、保険診療のメニューを受けに行ったついでにAGAについても相談しやすい傾向にあります。院内の掲示板やホームページなどで、AGAの治療も行っていることを発信しておけば、さらに相談してもらいやすいでしょう。

ただし、「一般病院のAGA治療は、AGAクリニックの治療と比べて結果が出にくい」と説明するインターネット記事などもあるので、保険診療を行うクリニックであってもAGA治療にも力を入れていきたいなら、発信の仕方に工夫する必要があるでしょう。

また、たとえば薄毛の原因として生活習慣に問題があることが認められる患者に対して、生活習慣の改善指導を行うなど、保険診療のメニューと組み合わせて提供することで患者を定着させていくのもいいでしょう。

AGAクリニックにとって必要なSEO対策は?

AGAクリニックがSEO対策を考える際、意識すべきことはいくつかあります。

エリア名と組み合わせる単語をよく考える

AGAクリニックに限らず、すべての医療機関のSEOに必要なことですが、まず、エリア名は必須要素です。「AGA+エリア名」で検索する患者はとても多いので、エリア名を効果的に使っていくことで、MEO対策の効果UPも狙っていきましょう。また、たとえば「AGA+新宿+女性」など、組み合わせる単語を工夫することで、より自院のターゲットに近い潜在患者から注目してもらいやすくなります。

「費用」「期間」など、治療検討中の患者の比較検討材料となるキーワードをすべて拾う

今すぐにでもAGA治療を受けたいと考えている患者にとってもっとも気になることのひとつが、費用と期間です。他院と比較検討するうえで大切なキーワードはすべて網羅するよう心がけましょう。

「そのうち治療を受けたい」と考えている患者向けのコンテンツも用意する

今すぐ薄毛治療を受けたいわけではないものの、近い将来薄毛治療を受けたほうがいいかもしれない……と考えている潜在患者は、「薄毛+遺伝」「薄毛治療+何歳から」などのキーワードで検索することが考えられます。これらのキーワードで検索する患者に興味を持って読んでもらえるよう、髪の毛の悩みにまつわる幅広いコンテンツを用意しておくことも大切です。

競合のホームページやSNSをよく研究しよう

美容クリニックはレッドオーシャンといわれて久しいですが、薄毛治療市場も日に日に活性化しているので、競合との差別化を図ることはとても大切です。

そのために自院の強みや特長を前面に打ち出していくことはもちろん大切ですし、競合の強みや特長を研究することもとても大事。競合のホームページやSNSをよく観察して、自院が伸ばすべきポイントなどを考えていきながら、患者から選ばれるクリニックを目指してくださいね。

ちなみに、「競合」とはAGAクリニックや、AGA関連の治療を行う一般クリニックだけではありません。アデランスなどの毛髪企業や、頭皮環境改善を謳っているヘッドスパなどもある意味競合ととらえることができるので、“薄毛治療”のキーワードで検索をかけるなどして、どこが競合となり得るのかを考えてみてもいいかもしれませんね!

【年間お取引社数1,000社】大手企業多数実績有り!新規開業ならリーセンドへご相談ください!

特徴

1.問い合わせ数増加、集客ツールとして運用できるホームページ制作 2.コンテンツ制作・内部SEO・外部SEO対策の成功実績多数 3.テンプレートを一切使用せず完全オリジナルデザインを制作 4.企業経営が加速するヒアリング力が特徴 5.費用対効果をとことん突き止める広告戦略

その他特徴

集患支援 実績多数 地域密着型 LP制作に強い ロゴ制作対応 セキュリティに強い

対応業務

デザイン作成 SEO対策 広告運用代行 ライティング サーバー保守・管理 キャッチコピーコンテンツ作成 撮影 動画作成 リニューアル 外国語翻訳対応 ブランディング CMS SNS運用支援

診療科目

内科、精神科、神経科、神経内科、呼吸器科、消化器科、、循環器科、小児科、外科、整形外科、形成外科、美容外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管科、小児外科、皮膚泌尿器科、皮膚科、泌尿器科、性病科、肛門科、産婦人科、産科、婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、気管食道科、放射線科、麻酔科、心療内科、アレルギー科、リウマチ科、リハビリテーション科、、、、
すべての医療機関にブランディングを! 医療専門チームの20年の実績。

特徴

医療専門のWebコンサルタントが、貴院の課題お悩みをヒアリングし、課題解決のパートナーとしてご対応致します。開業時、集患拡大、求人強化、チームビルディングなど様々な状況に応じて、ブランディングを軸にした戦略をご提案します。

対応業務

デザイン作成 SEO対策 広告運用代行 ライティング サーバー保守・管理 キャッチコピーコンテンツ作成 撮影 動画作成 リニューアル 更新のみ対応 ブランディング CMS SNS運用支援

その他特徴

集患支援 実績多数 UI/UXに強い 地域密着型 LP制作に強い ロゴ制作対応 セキュリティに強い

診療科目

内科、精神科、神経科、神経内科、呼吸器科、消化器科、、循環器科、小児科、外科、整形外科、形成外科、美容外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管科、小児外科、皮膚泌尿器科、皮膚科、泌尿器科、性病科、肛門科、産婦人科、産科、婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、気管食道科、放射線科、麻酔科、心療内科、アレルギー科、リウマチ科、リハビリテーション科、、、、